How To NAGAHO

長ぐつアイスホッケーってどんなスポーツ?

長ぐつアイスホッケー(ながぐつアイスホッケー)は、スケートシューズの代わりに長靴を履いてプレーする、アイスホッケーの別形態。

1978年に、北海道釧路町で冬期間の町民の運動不足解消のためにアイスホッケー元五輪選手、森嶋勝司らによって考案された。1チームは8人で構成され、前後半それぞれ5分間の10分間が1試合となる。スケートシューズではなく長靴を使用するため、リンク上では滑るのではなく走ることになる。そのため、転んだり絡み合ったりして、観客の笑いを誘う試合となる。スケートができない人でも参加することができる。

 

ルール/装備は以下の通り。
★ヘルメット、肘あて、膝あて、長靴を装備する。

★パックには、ウレタンボールを使用する。

★1チームはゴールキーパーを含めて8名で構成される。

★味方ゾーンを攻められている時には、攻撃側のフォワード選手は守ることは許されず、味方ゾーンに入ることも許されない。

 

大規模な大会としては、1986年に北海道選手権大会が初めて開催され、2005年には初めての全国大会が開催された。 また、北海道のほかにも、全国各地で大会が開催されている。                                

                                                     (※ウィキペディア抜粋)


主なルール

チーム編成

1チームはキャプテン1名・フォワード3名・ディフェンス3名・ゴールキーパー1名の合計8名で構成される。パックにはノーパンクボールを使用する。

装 備

ヘルメット・エルボ・ニーパッド・グローブ・長靴(金具付不可)を装備する。GKはワイヤーマスク付きヘルメット・エルボ・レガース・グローブを着用する。

改正点

「2014-2018 IIHF Rule Book」改正で、 ブルーラインはゴールエンドから22.86m(従来 21.33m)の位置に変更となり、これによりアタッキングゾーンとディフェンディングゾーンが広くなる。



ルールブック提供:秋田県ながぐつホッケー連盟様